OBSでリアルタイムに歌詞を表示する方法

アーカイブ

こんにちははちまるです!

かなり久しぶりの更新です。

今回はOBSでリアルタイムに歌詞を1行ずつ表示する方法を紹介します。

少し用途は限られますが、音楽系の配信をやっている人の役には立つかもしれません。

歌詞をメモ帳ベースで作成し音楽番組のように表示できます。

ではさっそく!

OBSにスクリプトを追加する

OBSにはスクリプトといってプログラムを追加できてしまう機能があります。

今回はそれを使って歌詞の表示をします。

プログラムの追加といっても大丈夫!

やることは海外の人が作ったスクリプトファイルを読み込ませるだけです。

スクリプトをダウンロードする

「OBS Lyrics」 と検索するとスクリプトに関するフォーラムがヒットするので開いて、ダウンロードページに飛びます。

下記URLからもフォーラムにジャンプ可能です。

ダウンロード先→https://obsproject.com/forum/resources/obs-lyrics.948/

フォーラムを開くと右上に Go to download と書かれたリンクがあるので開いて

ソースコードをダウンロードします。2種類ありますがどちらでも可。

僕はzipが扱いやすいので、zip版をダウンロードしました。

ダウンロードしたファイルを展開しておきましょう。

OBSへスクリプトを追加する

次にOBSを起動します。

OBSを起動し、上部の ツール(T) タブから スクリプト を開きます。

スクリプトをクリックすると別なウィンドウが開きます。

ロードしたスクリプト枠の左下の+マークで先ほどダウンロードしたスクリプトを追加します。

ダウンロードしたフォルダまで行くと lyrics.lua という名前のファイルがあるので開きます。

するとロードしたスクリプトに追加されます。

OBS Lyricsスクリプトの使い方

操作パネルについて

ロードしたスクリプトの欄に追加されたobs lyricsをクリックすると右側に操作パネルが出てきます。

Song Title、Song Lyrics 曲のタイトルと歌詞を追加・編集できます。

Save Song 入力したタイトル、歌詞を保存できます。

Song Directory 追加した曲を選択できます。

Prepare Song 曲を選択し、表示予定の曲に設定します。

Delete Song 曲の削除ができます。

Open Songs Folder 保存した曲の歌詞ファイルが入っています。

Lines to Display 表示する行数を調整できます。

Strictly ensure number of lines 日本語環境ではバグります。

Text Source 表示先のテキストソースを設定します。

Prepared Songs 表示予定の曲。

Clear Prepared Songs 表示予定に設定した曲をクリア。

Next lyrics 次の歌詞(1行進む)

Previous Lyric 前の歌詞(1行戻る)

Show/Hide Lyrics 歌詞の表示/非表示

Open Songs Folder の参照するディレクトリにメモ帳で作成した歌詞ファイルを読み込ませることもできます。各操作にホットキーを割り当てることもできます

スクリプトが日本語対応していないため、曲のタイトルをアルファベットにしないと盛大に文字化けします。 例)紅蓮華→Gurenge

歌詞用のテキストソースを設定する

OBSのソースに テキスト(GDI+) を追加し、任意の位置、フォント等に設定します。

追加ができたら、前に説明した Text Source に作成したテキストソースを設定します。

以上で設定完了です

具体的な操作順序

Song Directory 曲選ぶ

Prepare Song 曲を決定する

Show/Hide Lyrics 歌詞を表示する

Clear Prepared Songs 設定した曲を解除

①に戻る

このような順序で使用します。

工程が多いですが慣れますし、ホットキーを使うことでより簡単に使用できます。

メリット・デメリット

使用するソースが1つだけ

メモ帳で入力した歌詞を読み込ませられる

ホットキーも使える

タイトルを日本語にすると文字化けする

現在表示中の歌詞がどこかわからない

メリット・デメリットはこんな感じでしょうか。

タイトル文字化けするところが面倒なところですが、海外の方が制作したスクリプトなのでしょうがないところではありますね。

慣れれば何ら問題なく使用できます。

まとめ

 今回紹介したスクリプトを使用する状況はかなり稀なんじゃないかなと思います。

クロマキーを使って一行ずつ抜くのも面倒ですし、メモ帳で歌詞を記入してそのまま使えるのはかなり優秀です。

 実際自分も知り合いのアーティストの方に配信中に歌詞表示できる?って聞かれて、二つ返事で「できますよ!」なんて言わなかった探すことはなかったでしょう・・・(笑)

 こんなスクリプトまで使えてしまうOBS奥が深いですね。

 この記事がよかったと思ったらシェアしていただけると嬉しいです^^

タイトルとURLをコピーしました